イエー!

仮押さえ、仮申込に注意!

いつも記事をご覧頂きありがとうございます。イエー賃貸部です。
悪徳不動産会社に騙されないための知識 ”騙されない” シリーズ第四弾。

今回は最も多いトラブルです。

不動産屋さんで物件を紹介され、「この物件すぐに埋まってしまうので悩んでいるなら仮申し込みしておきましょう!」「キャンセルできるのでとりあえず!」なんて煽られて、申込書を書いてしまう方が多数いらっしゃいます。

お客様は仮押さえだと思っていますので、「仮押さえしているので初期費用を比較したい」と当社にお問合せを頂くことが多いです。

残念ながら、手遅れで比較できません。
仮押さえ・仮申し込みなんて制度はありません。
申込書を書かせる為の不動産会社の嘘です。

不動産賃貸の契約は、物件の申込→審査→契約という流れになりますが、この申込の時点で貸主側は募集を一旦停止し、申込された方を審査します。
お客様が申込をされた時点で募集が取り下げられるので、他の会社では取扱いできなくなります。

また申込はまだ契約締結前なので権利上はキャンセルできます。ただし、申込後にキャンセルされる場合、管理会社や貸主には多大な迷惑がかかります。

管理会社は”仮押さえしてきた悪質な客”だと認識し、お客様の心証を悪くする可能性があります。
再度申込しても審査すらお断りされる可能性があるのです。
多くの物件を管理する不動産会社であれば、管理する物件すべてに申込できなくなったり、審査を落とされるリスクがあるのです。

仲介会社は、もしキャンセルになっても客のせいにするので、罰則はありません。
“仮押さえ””仮申し込み”という言葉を使うような不動産会社には気を付けてください。

イエーにお問合せ頂くのは、物件見学前・申込前の状況でお問合せ頂きますようお願いいたします。

イエーを今後ともよろしくお願いいたします。